ラブドールに使われている素材の特徴についての考察! | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

ラブドールに使われている素材の特徴についての考察!

ラブドール考察

2023/11/27

最近のラブドールは、主にシリコン素材とTPE素材で作られています。それ以外の素材から造られたラブドールも有ります。今回は、ラブドールの素材からの選び方について、書いていきたいと思います。

シリコン素材
シリコンは医療の現場でも使われている素材です。毒性もなく、安全性は万全といえます。経年劣化はどうしても避けられませんが、かなりそのペースは緩やかです。メンテナンスをしっかり行えば、1回購入すると10年以上愛用することも可能です。基本的に熱に強いです。100℃の熱湯にも耐えられるので、一緒にお風呂に入るプレイが可能です。強度が高く、もし誤ってラブドールを落下させても、傷がつきにくいことが特徴です。シリコンは、造形しやすい素材の為、人間の表情や体型などの細かい個性のバリエーションを表現する事が出来ます。国内生産のラブドールの多くがシリコンで作られているといわれています。メーカーによって柔らかさは違ってきます。ですから感触はまちまちです。伸縮性が、少ない為に、可動域が狭い感じがします。摩擦強度は高いが引き裂き強度は低く動かないのに無理に態勢を作ろうとすると裂けてしまうことも有ります。医療用のシリコンを使用していて、品質にもそれなりにこだわっている為に、価格が高い高級なモデルが多いのも特徴です。

TPE素材
新素材の熱可塑性エラストマー (TPE) はシリコンより安価で柔らかいため、最近はよく使われる素材です。柔らかな感触と伸縮性が有ります。シリコンの短所をカバーできているので注目されたわけです。多少無理な態勢をとってもシリコンのように裂ける危険性も低いのが、TPEの特徴です。柔らかく伸縮性が高いため、ひざやひじを容易に曲げることができます。人間のような動きを再現でき、体位を変えるのもよりスムーズに行えます。シリコン製よりも同じ体型なら軽くて、収納や移動の際も負担が少ないのも魅力です。柔らかい素材なので、傷つきやすいです。ゴムのような独特な匂いがする場合がありますし、内部から油分染み出してくるブリード(出血)が、出やすいです。熱に弱いため高温多湿な場所で保管することは避ける必要があります。ブリードが出たり型崩れをしやすくなるからです。シリコン製ラブドールよりも造形的なリアルな感じは、少し劣る感じが有ります。

ソフトビニール(ソフビ)素材
軽くて持ち運びやすいし、価格が安いです。触り心地は柔らかい部類に入る素材ですが、人体に近いとはいえず、乳房なども固いという欠点を持っています。マネキン人形の様な感じさえ有ります。子供のおもちゃにも使われた素材です。

低反発ウレタン素材
他に似た素材で軟質ウレタン素材というのも存在します。軽くて持ち運びやすいし、価格が安いです。枕やぬいぐるみに使われるような素材で、人間の肌とはかけ離れています。

ポリウレタン混合綿素材
軽くて持ち運びやすいし、価格が安いです。ポリウレタンもウレタン同様ぬいぐるみに使われるような素材で、人間の肌とはかけ離れています。

他にも新しく使われている素材も有りますが、代表的な素材のお話でした。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

ラブドールのタイプを選び自分の好みラブドール探して行く為の説明

2024.02.29 ブログ
ラブドールには、色々なタイプのものが有ります。ラブドールのタイプを選び自分の好みラブドール探して行く為の説明です。 肌の... 続きを読む

高額買い取りされていることが多いラブドールメーカー5社の紹介

2024.02.28 ブログ
ラブドールのリサイクル品が販売されているのを見かける事が多くなってきていますが、リサイクル品が出回っているという事は、買... 続きを読む

ラブドールの初心者がよくする失敗について注意点の話

2024.02.27 ブログ
初めてラブドールを購入する時に、これから訪れるであろうワクワクドキドキの生活を夢見て、ウキウキしていたと思いますが、実際... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ