シリコン製ラブドールヘッドならばウィッグと植毛のどちらも選べる | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

シリコン製ラブドールヘッドならばウィッグと植毛のどちらも選べる

ラブドール考察

2023/11/01

ラブドールに使われている素材は、主にシリコン素材とTPE素材で作られている事が多いですが、シリコン製ラブドールヘッドにしか出来ないオプションが有ります。それは、ラブドールの髪の毛の植毛です。髪の毛には、ウィッグと植毛の二種類が有りTPE製ラブドールヘッドには、ウィッグしか選ぶ事が出来ませんが、シリコン製ラブドールヘッドの場合はウィッグ、植毛どちらも選ぶ事が出来ますので、ドールオーナーさんの好みに合わせて選択する事が可能です。どちらにもメリット・デメリットが有りますので、解説します。

ウィッグのメリット
ウィッグを変えるだけで、ラブドールのイメージが、変えられます。色んな髪色や髪型のウィッグを簡単に試す事が出来ます。ラブドールのボディの洗浄の時に、髪の毛が邪魔にならないです。ウィッグが汚れてきたり臭いが気になってきたら、ウィッグ単体で、簡単に洗う事が出来ます。
ウィッグのデメリット
ウィッグは多少ゴムなどで絞める事はできますが、それでも振動や重力の向きによってズレてしまったりドールを仰向けにするとウィッグの側頭部がペロンとめくれてしまう事があります。ウィッグの種類によっては、頭部に色移りする事が有るので、注意が必要です。

植毛のメリット
植毛タイプのラブドールのメリットは、ウィッグのデメリットの反対で、振動や重力の向きによってズレる事は、有りません。ウィッグだと難しいツインテール系の髪型も出来ますし、植毛タイプだと人間と同じですのでどんな髪型でも可能です。
植毛のデメリット
植毛タイプのラブドールのデメリットは、ウィッグのメリットの反対に近い内容となっています。ウィッグの様に髪単体で洗えないです。他の髪に変更出来ないですし、自分でカットしてしまったけど元の長さに戻したいとなった時に髪の毛だけの交換や、修復出来ません。

ウィッグと植毛どちらがオススメかと言えば、人によって好みが異なりますので、一概にどっちが優れていると断言する事は出来ません。色々な髪の毛の長さや、髪色などを楽しみたいし、簡単にメンテナンスをしたい人には、ウィッグタイプのラブドールが向いています。色々な髪型にしたいとか、行為中などズレないで欲しいという人には、植毛タイプのラブドールが、向いています。

ウィッグと植毛のデメリットを少し解消の方法としてのヒントが有ります。ウィッグのズレと色移り防止として、市販のかつらキャップとマジックテープでウィッグを固定する方法が有ります。植毛タイプのラブドールに、ウィッグをかぶせる時には、人間と同じ様に髪の毛をまとめてネットを被せてから、ウィッグを被せます。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

シリコン素材を使ったラブドールのメリットとデメリット!

2024.07.24 ブログ
ラブドールが作られている素材として大きく分けて、シリコン製のラブドールと、TPE製のラブドールが、大半を占める感じになっ... 続きを読む

あなたにとって大切なラブドールの存在についてのお話!

2024.07.23 ブログ
ドールを所有して一番大変なのがその維持かと思います。 一人暮らしなら部屋に放置でも大丈夫ですが家族がいるとドールの存在が... 続きを読む

柔らかな感触と伸縮性が有るTPE製のラブドールのメリットや、デメリット!

2024.07.22 ブログ
最近のラブドールに主に使われている素材は、TPE素材とシリコン素材のものが、多数を占めているのが現状です。今回は、TPE... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ