ラブドールのダメージを軽減させて耐用年数を延ばす方法 | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

ラブドールのダメージを軽減させて耐用年数を延ばす方法

ラブドール考察

2023/03/22

本物の人間の様に作られているラブドールも使い続けていると徐々に劣化していきます。人間が年を取る様にラブドールも経年劣化は、避けられませんが、しっかりとメンテナンスをしておけば、耐用年数を延ばす事が出来ます。あなたの大切なラブドールを長く綺麗な状態を保つ為に、愛情と定期的なメンテナンスして下さい。そうする事で、あなたのラブドールが劣化と望ましくない変形を経ることは決してありません。

清掃と洗浄
ラブドールを使用するたびに、清掃してください。雑菌などが溜まっていないことを確認するために非常に重要で、これは基本的にあなた自身の為です。TPE製のラブドールは、素材の特性上、素材から油がにじみ出てくるブリード現象が起きやすく、月に一度くらいは、洗う事をお勧めします。中性洗剤か、ボディソープで、洗ってあげて下さい。この時にすすぎが不十分ですと、逆に劣化が続く場合が、有ります。シリコン製のラブドールは、熱に強いので、人が入る温度でも大丈夫ですが、TPE製のラブドールは、熱に弱いので、ぬるめお湯で洗うようにして下さい。後ラブドールを入浴入浴させる場合ジョイント部からの浸水に気を付けて下さい。内部に水が入ると骨格の錆の原因になります。内部が錆ると動きが固くなったり骨折する場合も有ります。ラブドールを洗いタオルで拭き乾燥させて下さい。水気が残ると、カビが生える事も有るので、要注意です。でも、ラブドールは、熱に弱い物が多いですからドライヤーは、使用しないで下さい。ラブドールを乾燥させたら、ベビーパウダーを使用すると、ブリードを抑える事が出来ます。

型付きと色移り
ピッタリした服は、人形の型付きの原因になる事が多いです。そのような服でドレスアップしたい場合は早目に脱がせる様にしましょう。。軽い型付きなら平らな面にラブドールを置いて置くと消える場合も有ります。濃い色服を着せる時には、色移りに注意して下さい。濃い色の服を着せるときには、下に白色か薄い色の服や、ストッキングなどを着せた上に着せた方が良いですし、長時間着せたままにしないで、こまめに脱がせて下さい。ウイッグにも同じ事が言えます。

保管
ラブドールを保管する場合は、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管して下さい。日光が退色を引き起こす可能性があるためです。湿気の多い場所ですと、ラブドールにカビが生える事が有るので、避けるようにして下さい。熱がこもりやすい場所に保管することはお勧めしません。特にTPE製のラブドールは、熱に弱いので、思わぬ型崩れの原因になります。直射日光や雨が当たらない場所で、涼しく乾燥した清潔な場所に、保管するのが理想的です。保管するする場合関節は、真っ直ぐ伸ばしてください。関節を長時間曲げているとそこから割れてくることが有るので、伸ばして下さい。置くときには、柔らかい物の上に置いて下さい。硬い物の上に置いておくと特定の部分に重量負荷が集中して、型崩れの原因になります。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

シリコン素材を使ったラブドールのメリットとデメリット!

2024.07.24 ブログ
ラブドールが作られている素材として大きく分けて、シリコン製のラブドールと、TPE製のラブドールが、大半を占める感じになっ... 続きを読む

あなたにとって大切なラブドールの存在についてのお話!

2024.07.23 ブログ
ドールを所有して一番大変なのがその維持かと思います。 一人暮らしなら部屋に放置でも大丈夫ですが家族がいるとドールの存在が... 続きを読む

柔らかな感触と伸縮性が有るTPE製のラブドールのメリットや、デメリット!

2024.07.22 ブログ
最近のラブドールに主に使われている素材は、TPE素材とシリコン素材のものが、多数を占めているのが現状です。今回は、TPE... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ