障害者とラブドールについて考えているメーカーのオリエント工業 | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

障害者とラブドールについて考えているメーカーのオリエント工業

ラブドール考察

2023/03/07

ラブドールの所有者には、男性の方が多いです。ラブドールの所有者が健康な人ばかりでも、有りません。たとえば、身体や精神に障害があってうまく動くことができず、現実の女性とのセックスが難しい男性や、奥さんに先立たれたり熟年離婚といった結果を迎えてしまった高齢男性などといった男性たちにとって、ラブドールは溜まった性欲を解消するために必要な存在だと思います。身体に障害が有って思う様に動かせないから、風俗嬢に嫌がられたりとかの話を聞くことが有ります。最近では、障害者専門風俗という形態の風俗店もありますが、そんなに多いくは、無いのが実情です。昔は、恋人や結婚相手がいない障害を持つ男性が性欲を処理する方法は皆無に近く、風俗店などでも障害を理由に利用を断られてしまう、というケースが頻発していました。そういった話を聞いたオリエント工業の創業者は、最初は男性のなかでも精神や肉体に障害を持った人に向けて、ラブドールを販売し始めたことは知る人ぞ知る事実です。

オリエント工業の創業者は、もともと東京都台東区の上野および浅草でアダルトショップを経営していたが、当時のダッチワイフがあまりにも空気漏れが多く、女性用のバイブレータに比べて、当時のダッチワイフがあまりにも空気漏れが多く、実用性が低いことから、これの根本的な改良に乗り出し、ダッチワイフ製造会社、オリエント工業の起業し、その際、親交のあった脳神科医から、障害者が実際の性行為を行うこともままならぬ状況におかれながらも性欲をもてあまし、また風俗嬢にも相手にされないなど非常に難儀しているという実情を知り、優れたダッチワイフの必要性を痛感した事が、起業の動機だったとされています。初めは、完全に障害のある男性のみに向けて発売していましたが、少しずつ高齢者や独身男性に向けて販売を始めていき、現在のようにすべての男性に販売されるようになっていきましたが、現在でも、障害を持つ男性の性処理相談に乗っていたり、10パーセントの障害者割引制度を採用していたりと、支援を続けています。障害者割引制度は、販売代理店や、通販サイトでは、利用できない場合が多く、メーカーとの直取引での利用となる可能性が高いので、少しばかり使いにくい点もあるのが少し残念なところです。

オリエント工業が当初、ラブドールの販売を障害を持つ男性のみに絞っていた理由は、ひとつひとつ丁寧に製造をしていたことから大量生産が難しかったということもありますが、現実問題として障害を持つ男性が性欲を処理する方法に困っていた状況を知っていたからです。オリエント工業の等身大のラブドールが、とてもリアルで、本物の人間に見える様に作られているのもそういった理由かもしれません。

ラブドールを購入すれば、いつでも自分の好きな時に文句も言わないで、相手をしてくれて、誰にも気を遣わずに性欲を処理できるラブドールの存在は障害を持つ男性にとって、非常に大きなメリットでしょう。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

大切なパートナーのラブドールと長く過ごす為にブリードを抑える!

2024.06.24 ブログ
ラブドールの所有者の方でしたらご存知だと思いますが、今現在のラブドールの主な素材は、TPE素材とシリコン素材が主に使われ... 続きを読む

あなたは初めてラブドールを買った時の事を覚えていますか?

2024.06.23 ブログ
初めてラブドールを買った時の事を覚えていますか?社会生活で抱えるストレスや、一人暮らしの寂しさを癒す為にとか、人とのコミ... 続きを読む

TPE素材が売りの中国のラブドールメーカーもシリコン製のラブドール製造してます!

2024.06.22 ブログ
これまでTEP素材が売りの中国製ドールですがここにきて、ついにシリコン製品の開発が急速に進んでいます。 柔らかさと脇割れ... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ