素材比較!シリコン製 / TPE製 あなたはどちら? | | ラブドール高価買取レイシア 素材比較!シリコン製 / TPE製 あなたはどちら? – ラブドール高価買取レイシア
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

素材比較!シリコン製 / TPE製 あなたはどちら?

ラブドール考察

2020/03/08

WM

 

約3年ほど前から急速に市場を拡大したTPE製ラブドールですがここにきて急速にシリコン製ラブドールの猛追を受けています。

今回はそれぞれのメリットとデメリットを比較したいと思います。
 

シリコン製

 

まずはシリコン製

◎メリット
☆軽量ボディ(同じ身長で約5~10kg軽い!)
☆臭いが少ない
☆各部の作りこみが細部まで可能
☆つかんだ感じが人間ぽい
☆キズがつきにくい(柔らか肌以外)
☆経年劣化が少ない(中国製はまだ未知数)
☆指先がリアル(特に人造人)
☆血管メイクモデルが選べる(対応メーカーのみ)
☆まつ毛・眉毛が植毛(対応モデルのみ)
☆ホールの装填・取り外しが簡単
☆眼球の作りこみが丁寧(視線移動が楽)
☆首のポーズが固定できる(ほぼ全製品)
☆国産メーカー製は間接部の可動が絶妙
☆素材面で極端な粗悪品がない
☆補修が比較的簡単
☆買取額が高額

▲デメリット
★販売価格がそこそこ高額
★万歳禁止(脇が割れやすい)
★ヘッドとボディがセパレートしかない
★お口が使用できない(半開きタイプは割れやすい)
★視線移動と指間接がオプションの場合がある
★ブリード(変色)が出やすい
 

TPE製

 

続いてTPE製

◎メリット
☆肌触りが最高
☆伸縮性があり、万歳しても脇が割れにくい
☆3穴(お口・陰部・アナル)可能、視線移動、指間接が標準装備(一部例外あり)
☆新骨格(EVO)導入モデルが多い
☆首ジョイントネジ(M16)の採用モデルが多く互換性がある
☆ウィッグが多く付属している製品もある(WMdollなど)
☆中空胸に定評がある
☆製造メーカーと製品が多く選択肢が多い
☆胸やおしりの大きな迫力ボディ(やり過ぎも含め)が選べる
☆眼球交換が簡単(CATDOLL以外)、瞳の色のバリエーションが豊富
☆予算に応じて選べる(使い捨て的な・・・)
☆保管時の吊り下げ金具が流用可能(M16ネジタイプ)
☆人気メーカー・モデルは買取が高価

▲デメリット
★長身モデルや爆乳(爆おしり)タイプはたいへん重い
★弾力素材のため表面の造形が細かく加工出来ない
★素材が柔らかいためホールがイタミやすい
★つかむと中の金属までつかめてしまいリアリティに欠ける
★顔や手足等、柔らかすぎて力がかかると形状維持できない
★指のワイヤー加工が単純なモデルが多い(変形、骨折しやすい)
★足裏自立加工を選択しないと立たせると足裏が変形しやすい
★臭いが気になるという人もいる
★間接稼動が硬いモデルもある
★首のポーズ(特に上下)が決まらないモデルもある
★補修が難しい
★植毛のオプションが少ない
★たまにとんでもない商品がある(完全に詐欺商品)
★安いモデルは買取の値段が付きにくい
 

以上、両者のメリットとデメリットでした。

素材の違いといっても、内部構造や重さも変わってくるので「体感的には全然違う!」かもしれません。
パソコン・スマホ画面だけでは分からない要素も盛りだくさんです!

上記の比較を参考にご自身の用途と予算に合ったドール探しの旅を続けてもらえれば幸いです。

買い替えの資金繰りの方、あるいは、もうドールは卒業される方まで、レイシアが里親探しを高価買取・スピード無料処分でお応えいたします。

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

コロナはいつまで続くのか・・・

2020.07.04 ドール雑感
  一時は平静を取り戻したかにみえた新型コロナウィルスですがまだまだ予断を許さない状況が続いております。 外出... 続きを読む

緊急事態宣言解除

2020.05.25 ドール雑感
  新型コロナウィルスが猛威を振るう中、徐々に緊急事態宣言も解除の方向に動きがありますが、第2波には警戒が必要... 続きを読む

スピード無料処分承ります!

2020.04.29 ドール雑感
  急な引越しや単身赴任でご自宅に眠っていたラブドールを発見してその処分に驚愕された方も少なくありません・・・... 続きを読む