TPE製のラブドールを自分で修理する時のコツについて! | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

TPE製のラブドールを自分で修理する時のコツについて!

ブログ

2024/05/28

TPE製のラブドールは、柔らかな感触と伸縮性にあります。シリコンの短所をカバーできているので注目されたわけです。その触感は、まるで本物の女性の肌を触っているかのような錯覚を覚えます。やわらかくいろいろな格好に対応できて、多少無理な態勢をとってもシリコンのように裂ける危険性も低いのが、TPEの特徴ですが、柔らかい素材なので、傷つきやすいです。ラブドールには、人間みたいに傷口を修復する血小板はありませんから自然治癒能力が有りません。

普段から注意を払っていても、ちょっとした油断から傷つけたりする事が有りますが、普通のテープとか接着剤で綺麗な状態に戻すのは、難しいです。メーカーによっては、修理を受け付けている所も有りますが、お金と時間が必要になります。小さなキズや、割れならば、自分で修理する事も出来ますし、症状はどんどん悪化してしまう前に速やかに修理した方が良いでしょう。自分で修理する時のコツ紹介します。

小さなキズや割れならば、TPE用の接着剤を使うという方法が有ります。TPE用の接着剤は、Amazonなどで、買う事が出来ます。接着剤を使った場合は、接着剤が内部から出てきた場合にはきれいに拭き取っておきましょう。それ以外の方法として、発泡スチロール カッターや、ハンダごてで、溶かして溶接する方法も有ります。TPE接着剤も溶剤の力で、溶かして溶接するから原理は同じ様ものですが、TPE素材の熱に弱いという弱点を逆手に取った発泡スチロール カッターや、ハンダごてで、溶かして溶接する方法の方が、溶かした表面を綺麗にする為に使う、フラワーアート用の半田ごてなどで、修正しやすいかもしれません。TPE接着剤を使うにしても、熱で溶かして溶接するにしても、直ぐにくっつけて固定する必要があります。

裂けやすい部分は、こまめにチェックして、問題があれば速やかに修理作業を進めましょう。小さなキズや割れのうちに修理すれば、症状はどんどん悪化してしまう事が無いので、自分で修理する事出来ると思います。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

大切なパートナーのラブドールと長く過ごす為にブリードを抑える!

2024.06.24 ブログ
ラブドールの所有者の方でしたらご存知だと思いますが、今現在のラブドールの主な素材は、TPE素材とシリコン素材が主に使われ... 続きを読む

あなたは初めてラブドールを買った時の事を覚えていますか?

2024.06.23 ブログ
初めてラブドールを買った時の事を覚えていますか?社会生活で抱えるストレスや、一人暮らしの寂しさを癒す為にとか、人とのコミ... 続きを読む

TPE素材が売りの中国のラブドールメーカーもシリコン製のラブドール製造してます!

2024.06.22 ブログ
これまでTEP素材が売りの中国製ドールですがここにきて、ついにシリコン製品の開発が急速に進んでいます。 柔らかさと脇割れ... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ