リサイクル品で見かける事が多い中国のラブドールメーカー2 | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

リサイクル品で見かける事が多い中国のラブドールメーカー2

ブログ

2023/07/18

風俗通いは懐具合と相談しなければならないし、オナニーするときに手でやるのは飽きてしまった方や、一人暮らしで、寂しい孤独感を感じている人や、人とのコミュニケーションが、苦手な人などに、お勧めなのが、ラブドールです。ラブドールの業界はそれほど巨大ではありません。しかしあなたは選択肢に圧倒されるでしょう。今回は、世界のメーカー主に中国のメーカーの続きのお話です。

中国のラブドールメーカー

dollhouse168
TPE製のラブドールメーカーです。多くのTPEドールメーカーと同様、WM Dollから分かたれた会社で、Piper Dollの姉妹ブランドです。Piperの売りであるEVO骨格を採用している。ただしシームレスボディのPiperとは異なりDH168のドールは一般的な頭部分離式であるため首部の関節は他社と同等の可動範囲です。80cmサイズのラブドールには、シリコン製のラブドールも有ります。

Piper doll
TPE製のラブドールメーカーです。多くのTPEドールメーカーと同様、WM Dollから分かたれた会社で、dollhouse168の姉妹ブランドです。ヘッドとボディが一体型のラブドールが特徴です。オイル含有量の多いタイプのTPEを使用しており、触り心地が非常に柔らかい。反面、重量が増しているため注意が必要です。広い可動域と滑らかな挙動が特長のEVO骨格を搭載可能で、他社の新骨格よりもワンランク上の柔軟性を持ち、スムーズかつ自然なポージングが可能です。最近フルシリコンモデルを販売開始しました。

catdoll
ロリ系専門のTPE製ラブドールや、シリコン製ラブドールメーカーです。166cmサイズの高身長モデルも有りますが、大人の女性ではなく、あくまでも痩せ型で貧乳の女子校生的な造形であり、ロリ系専門メーカーを守っています。新骨格が採用されており、肉厚の薄いボディ形状と相まって可動範囲はかなり広いですけれども、関節のグリップがやや甘めであるため姿勢の保持にはやや難が有ります。

AXBDOLL
TPE製のラブドールメーカーです。catdollからコピー品だとの指摘を受けているが、たしかに似たようなロリ系のボディが充実しているメーカーです。販売価格が安価ですが、品質や梱包などが不安定な面もあるので注意は必要です。新骨格も選択可能ですが、他社新骨格よりも可動範囲は狭めです。

SM Doll
Doll House168に製品を供給している工場が独自に立ち上げたブランドです。TPE製のラブドールとシリコン製のラブドールを、つくっています。

幸福人形

日本ではリップロップでお馴染みの布製ラブドールです。布で出来ているとは思えない高品質な造形が売りですが、可動範囲にやや難が、有ります。

他にも中国のラブドールメーカーは、有りますが、リサイクル品でも、手に入れられるメーカーの続きの紹介でした。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

シームレスボディのラブドールのメリットとデメリットについて!

2024.05.20 ブログ
ラブドール好きの間で、最近人気を集めている物にシームレスボディのラブドールというものが有ります。シームレスとは、継ぎ目が... 続きを読む

ラブドールのホールの一体式と脱着式のメリットとデメリットを紹介!

2024.05.19 ブログ
ラブドールには、ホールの一体式と脱着式の物が有りますが、どちらにもメリットとデメリットが有ります。ホールの一体式と脱着式... 続きを読む

国産メーカーと中国製のシリコン製ラブドールを比較して良い点・改善点について!

2024.05.18 ブログ
  シリコン製ドールが徐々に増えて来ている昨今ですが、従来の国産と中国製のシリコンの良い点、改善点の比較をして... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ