ラブドールの所有者のイメージが変わってきています。 | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

ラブドールの所有者のイメージが変わってきています。

ブログ

2023/04/08

ラブドールの所有者のイメージが変わってきています。最近では、ラブドールの写真集なども、発売されてラブドールの認知度が向上してきていますが、少し前までは、ラブドールやその他の大人のおもちゃを購入して使用することは、話すらタブーでした。特に公の場で話されると、恥ずべき行為の話とされていました。ラブドール展に行く女性の存在で、(ラブドール=セックス=大人のおもちゃ)というイメージが少しは、変わってきています。ラブドールの所有者は、女性よりも圧倒的に男性の方が多いのは、創造出来ると思います。ラブドールの所有者は、変態と思っている人も居るかもしれませんが、ダッチワイフの様な大人のおもちゃやアダルトグッズの一種として認知しているイメージの為かもしれませんが、最近では、写真集が発売されるなど、芸術品としての価値も認められつつ有る存在のラブドールを知らない人ではないでしょうか。

確かに、ラブドールの所有している理由で一番多いのが、セックスのパートナーに、ラブドールを選ぶ事です。セックスを目的としてパートナーにラブドールを選べば、何時でもあなたに文句も言わないで、相手をしてくれますから、風俗通いで、懐具合が厳しくなった方や、人とのコミュニケーションの苦手な人には、向いていると思いますし、一度買えば毎回の高いお金が必要ありませんし、人とのコミュニケーションの、必要もありません。人を相手にするよりは、楽なうえに懐具合にも、優しいでしょう。自分の好み通りの顔やスタイルも選べるので、理想的なセックスを楽しめます。女性や、同性愛者の男性は、メンズのラブドールをパートナーとして選ぶ人も居ます。

まるで本物の人間の様な見た目や肌触りを持ったラブドールは、一昔前に比べて、随分と世間に認知されてきたと思うのですが、高級ブランドバッグといえば、所有者=セレブと思う様に、ラブドール=社会性のない変態と思うイメージが有りますが、実情は全く違って居る事が多いと思います。確かに、人とのコミュニケーションが苦手な人には、向いているのは、事実ですが、どんな人が、どんな目的で、ラブドールを所有しているか、知ればイメージを変えるかもしれません。

ラブドールを所有している人の中には、セックスの相手として以外の使い方をしているのを、知ればラブドールの所有者のイメージを変える事になります。
人とのコミュニケーションが苦手で、孤独感を感じたり、一人暮らしの寂しさを癒す為に、添い寝用に使う人や、撮影する為にラブドールを使っている人も居ます。理想的な体型をもったラブドールだからこそ、コスプレをさせて、撮影を楽しめますし、自分の好みのコスプレ衣装を着せても、文句も言わないで、応じてくれます。少数に人が、使っている使い方に、置き物やコレクションとして購入している人も居ます。蠟人形作りの技術の蓄積を応用して、まるで本物の人間にしか見え無いラブドールの美しさが、そうさせているのでしょう。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

シリコン素材を使ったラブドールのメリットとデメリット!

2024.07.24 ブログ
ラブドールが作られている素材として大きく分けて、シリコン製のラブドールと、TPE製のラブドールが、大半を占める感じになっ... 続きを読む

あなたにとって大切なラブドールの存在についてのお話!

2024.07.23 ブログ
ドールを所有して一番大変なのがその維持かと思います。 一人暮らしなら部屋に放置でも大丈夫ですが家族がいるとドールの存在が... 続きを読む

柔らかな感触と伸縮性が有るTPE製のラブドールのメリットや、デメリット!

2024.07.22 ブログ
最近のラブドールに主に使われている素材は、TPE素材とシリコン素材のものが、多数を占めているのが現状です。今回は、TPE... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ