シリコン素材のメリットとデメリット | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

シリコン素材のメリットとデメリット

ブログ

2022/12/11

最近のラブドールに主に使われて素材は、シリコン素材とTPE素材です。シリコン素材のメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

国内生産のラブドールの多くがシリコンで作られているといわれています。国産の方が安心という人はシリコン製ラブドールを選ぶ確率が高くなると思います。中国製のラブドールにも、シリコン製のラブドールも有りますので、国産の方が安心という人はメーカーまで、チェックして下さい。シリコン素材は医療の現場でも使われている素材です。毒性もなく、安全性は万全といえます。

シリコン製ラブドールの魅力は何といっても耐久性の高さです。経年劣化はどうしても避けられませんが、かなりそのペースは緩やかです。メンテナンスをしっかり行えば、1回購入すると10年以上愛用することも可能です。また汚れに対しても耐性があるため、清掃・メンテナンスという面においては他の素材よりも優れています。万が一汚してしまった場合でも、簡単なお手入れで落とせる場合が、多いというメリットも有ります。

シリコン製ラブドールは、造形しやすいシリコン素材を使っているため、人間の表情や体型などの細かい個性のバリエーションを表現するのに向いています。TPE製ラブドールのようにマネキンに近く見える事は、少ないです。生身の人間のように顔のシワまでリアルに再現できるので、感情移入をしやすいでしょう。

シリコン製ラブドールは、基本的に熱に強いです。100℃の熱湯にも耐えられるので、一緒にお風呂に入るプレイが可能です。強度が高く、もし誤ってラブドールを落下させても、傷がつきにくいことが特徴です。

デメリット

シリコン製ラブドール一番のデメリットは、価格です。高級なモデルが多いので、懐具合は十分確認したほうがいいでしょう。医療用のシリコンを使用していて、品質にもそれなりにこだわっています。ですから割高になってしまうのはあらかじめ理解しておきましょう。しかし耐久性に優れているので、ひとたび購入すれば長く使い続けられます。長期的なスパンで見れば、それほどコスパも悪くは無いとは、思いますがTPE製のラブドールに比べると高額な物が多いです。

シリコン製ラブドールは、同じ医療用シリコンを使っていても、メーカーによって柔らかさは違ってきます。ですから感触はまちまちです。TPE製ラブドールに比べてかたい相対的に硬めです。気に入ったシリコン製ラブドールを見つけて、触感にこだわりたいので有れば、口コミをチェックしてみる方が良いでしょう。

シリコン製ラブドールは、TPE製ラブドールと比べると伸縮性は若干劣っているところもデメリットのひとつです。伸縮性がないということは、可動域が狭いとも言えます。いろいろなポーズをさせてみたいと思っていても制約のあることは理解しておきましょう。動かないのに無理に態勢を作ろうとすると裂けてしまうことも有ります。これは、摩擦強度は高いが引き裂き強度は低いという特徴のデメリットの部分です。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

二次元のアニメキャラが、三次元になるアニメヘッドのラブドール

2023.01.31 ブログ
日本から世界に向けて発信されている文化の中に、漫画とアニメが有ります。大人になっても、漫画が大好きな人もいますが、アニメ... 続きを読む

ラブドールの保管場所の確保に気をつけて居る人が多い!

2023.01.30 未分類
ラブドールを所有していて一番大変なのが、保管場所の確保だと思います。 一人暮らしなら部屋に放置でも大丈夫ですが家族がいる... 続きを読む

ラブドールとの仮想恋愛は、「幻想」と「真実」どちらなのでしょう

2023.01.28 ラブドール考察
ラブドールとの仮想恋愛を「幻想」の世界の話として、「真実」の世界を見ろと言う人も居ます。「幻想」と「真実」世界とは、どう... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ