ラブドールによく使われる素材の違い | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

ラブドールによく使われる素材の違い

ブログ

2022/11/23

最近のラブドールは、大きく分けて2種類の素材が使われています。それは、シリコン製のラブドールとTPE製のラブドールです。ラブドールを初めて購入される方にとっては、パっと見ただけでは、シリコン製のラブドールとTPE製のラブドールの違いを知ることは難しいでしょう。この素材で造られているラブドールは、外見では区別できないほどに、似てきていますが、違いはあります。どの様な違いが有るか紹介します。

シリコン製のラブドール
一般的に販売されている価格が高い傾向に有りますが、メンテナスをしっかりすれば、10年以上使用するする事が出来ます。シリコン製のラブドールは、熱に強いので、一緒にお風呂に入るプレイが可能となります。強度も高くて、もし誤ってラブドールを落下させても、傷がつきにくいです。シリコンは、造形しやすい素材の為、蠟人形作りの技術の蓄積応用して、人間の表情や体型などの細かい個性のバリエーションを表現する事が出来ます。オリエント工業のラブドールは、ショールームへの搬入時に死体と間違われ、警視庁に踏み込まれたことが幾度か有ると言う逸話が有るくらいに、リアルな等身大のラブドール作っています。国内生産のラブドールの多くがシリコンで作られていると言われています。ただし、メーカーによって柔らかさは違ってきます。ですから感触はまちまちです。摩擦強度は高いが引き裂き強度は低く動かないのに無理に態勢を作ろうとすると裂けてしまうことも有りますし、伸縮性が、少ない為に、可動域が狭く感じます。

TPE製のラブドール
新素材の熱可塑性エラストマー (TPE) はシリコンより安価で柔らかいため、最近はよく使われる素材です。柔らかな感触と伸縮性が有ります。多少無理な態勢をとってもシリコンのように裂ける危険性も低いうえに、柔らかく伸縮性が高いため、ひざやひじを容易に曲げることが出来ます。シリコン製のラブドールよりも、同じ体型ならば、軽くて、収納や移動の際も負担が少ないですし、体位を変えるのもよりスムーズに行えます。ただし、柔らかい素材なので、傷付きやすいので、激しいぷれいには、あまりむいていません。シリコン製のラブドール比べれば、造形が少し人形ぽくかんじられます。内部から油分染み出してくるブリードが、出やすいと、ゴムのような独特な匂いがする場合が有ります。熱に弱い素材の為に、熱いお風呂に一緒に入る事ももできません。熱に弱い素材の為に、高温多湿な場所で保管することは避ける必要が有ります。これは、型崩れや、ブリードが出るのを抑える為です。

同じ様に見えてもシリコン素材とTPE素材には、違いが有ります。長く使うならばシリコン製のラブドールで、買い替えつもりならば、TPE製のラブドールが向いているかもしれません。お互いの素材の良い所を合わせた、リアルで、本物の人間の様なシリコン製の顔に、TPE製の柔らかな身体のラブドールで、お互いの素材のいい所を合わせたラブドールも有りますが、顔と身体の感触が違うのと、シリコンを長時間TPEと触れさせておくと溶けてしまう性質を持っているから付けたまま放置は、出来ないという欠点が有ります。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

ラブドールを選択する主な理由

2022.12.08 ブログ
ラブドールを選択する主な理由は、これが最終的な性的快感を得ることができるからです。ラブドールは本物の女の子と同じように作... 続きを読む

高額で買い取りして貰える事の多いメーカー

2022.12.07 ブログ
ラブドールの生産量70%が中国と言われていますが、国産のラブドールもリサイクル品で見かける事も多いです。国産のラブドール... 続きを読む

色々な種類のラブドール

2022.12.06 ブログ
ラブドールは、多数のメーカーより色々スタイルや、材質の物が発売されており、カスタマイズする事も出来ます。ラブドールに使わ... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ