ラブドールのイメージを変えるには | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

ラブドールのイメージを変えるには

ブログ

2022/11/22

シリコン製のラブドールなどは、メンテナンスをしっかりしておけば10年以上使用する事が出来ます。ただし、ラブドールが、あなたの大切なパートナーだとしてもたまには、違うイメージに変えたいと思った事はないですか?ウイッグを変える変えるだけでもかなりイメージがが変わります。黒髪のショートカットから金髪のロングヘアにするだけでも別のラブドールに、見えてきませんか?そのヘアスタイルに合わせてメイクまで変えれば、別のラブドールに、見えてくると思います。

ラブドールを使って居る人でお風呂に入れたらメイクがとれたとか、こすれて一部分メイク落ちたとか、元々のメイクが好きではないとの理由で、メイクを落として、メイクを自分で変えたという人も居ると思います。メイクをした事が無く落とした事の無い人も多いと思います。メイクを落とすには、クレンジング液、コットンティッシュ(普通のティッシュでも良い)、綿棒、ピンセットを、使えば綺麗におとせます。適量のクレンジング液をコットンティッシュに出して、ラブドールの唇から拭き始めます。ラブドールのリップや口紅を軽く拭くと、コットンティッシュを変えて、同じく眉毛を消していきます。最後に、ピンセットでラブドールのまつ毛をゆっくり取り外し、綿棒にクレジング液をつけて、アイメイクを軽く拭いてください。こうすれば、綺麗にメイクがおとせます。

綺麗にメイクが、落とせたら次にメイクをするのですが、普通の女の子が使う化粧品や用具とは全く同じですが、ラブドールに使えるのは、水性化粧品で、オイルベースの化粧品は使えませんので、そこは注意が必要です。メイクの仕方を簡単に説明すると次の7項目です。

1ラブドールにアイラインを描き、薄い茶色でアイラインを完成させ、薄いピンクで下半分のアイライン(目線に近い)を描いてから、最後に深い茶色でアイラインの残りの半分を描きます。

2アイブロウを使用して深い黒のアイシャドウで目じりを書き、そっとラブドール目じりをつける。

3ラブドールの目の上部にまつげを軽くつけ、まつげを何度も使っている场合は、アイライナーで粘性を高めます。付着した場合はピンセットで対応できます。つけまつげを付ける場合は、つけまつげの根元の上に、適量のまつげのりを塗り、ピンセットでつけまつげを内に軽く曲げて、ラブドールの目の弧と一致するようにします。手とピンセットでつけまつげをそっとラブドールの上まぶた貼り付けます。まつげが乱れたり整然としていないと感じたら、マスカラやハサミを使って整えられます。

4濃い茶色のアイシャドウでリアルラブドールの眉毛を描き、欲しい眉毛をやさしく描く。

5ラブドールに口紅を塗るには、まず小さいサイズの化粧ブラシで口紅付けて、化粧ブラシでその口紅をリアルラブドールの唇に塗ります。

6大きめの化粧ブラシで、チークを付けて頬に軽く塗ります。

7最後にノーズシャドウを付ければ出来上がりです。

始めてラブドールに、メイクして、上手くいかなくても綺麗にメイクを落として練習すれば、自分好みのメイクが出来る様になります。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

ラブドールを選択する主な理由

2022.12.08 ブログ
ラブドールを選択する主な理由は、これが最終的な性的快感を得ることができるからです。ラブドールは本物の女の子と同じように作... 続きを読む

高額で買い取りして貰える事の多いメーカー

2022.12.07 ブログ
ラブドールの生産量70%が中国と言われていますが、国産のラブドールもリサイクル品で見かける事も多いです。国産のラブドール... 続きを読む

色々な種類のラブドール

2022.12.06 ブログ
ラブドールは、多数のメーカーより色々スタイルや、材質の物が発売されており、カスタマイズする事も出来ます。ラブドールに使わ... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ