3人のラブドールの所有者 | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

3人のラブドールの所有者

ブログ

2022/11/11

よくこのブログに出てくるラブドールの所有者3人を簡単にまた紹介します。

トルソーの所有者
セックスの為だけにラブドールを所有している知り合いの彼は、今トルソーを所有していいます。予定外に彼女が遊びに来た時に、2度ラブドールが見つかり、1度目は、知り合いから預かってると誤魔化し、2度目は、知り合いから預かってると誤魔化そうとしましたが、目の前で連絡させられて、噓がばれてしまいました。彼女の立会いで、処分するように言われて買い取り業者に来てもらい彼女の横で、正座した状態で買い取って貰った過去が有るけれども、自分の気が向いた時に、何時でも文句も言わないで、相手をしてくれるラブドールが、自分にとって最高のパートナーだとし認識しているので、等身大のラブドールに比べて、狭い空間で保管出来て、移動しやすいトルソーが良いと所有してます。

ラブドールマニア
ラブドールを、セックスの為ではなく、フィギュアと同じく置物としてコレクションしているマニアです。ラブドールの使い方としてはかなり贅沢ですし、使い方としては少数派だと思います。マニアの彼には、妻子がいますが、奥さんも公認でコレクションしています。本物の人間で、好みのタイプを探して浮気されるよりましだし、彼の子供の頃からのコレクションを、知っていたからだそうです。マニアの彼は、子供の頃に見た蠟人形に衝撃を受けて、欲しくてたまらなくなった蠟人形が、高価な物でとても買えない為に、蠟人形作りの技術の蓄積を応用した、とてもリアルな等身大のラブドールが、展示してあって衝撃を受けて、等身大の蠟人形は、高価で買えないけど等身大のラブドールならば、何とか買えるからコレクションとして集めています。

ラブドールの収集家
彼の場合は、妻子と別れ孤独な一人暮らしをしており、ご近所とのコミュニケーションとかも、ほとんどない孤独な生活を送っており、孤独感を、癒す為と、性欲を満たすために、風俗通いをしていましたが、毎回毎回高いお金を払う必要が有る為に、懐具合も厳しい状況になった時に、ラブドールの存在を知り、等身大のラブドールを購入すれば毎回毎回お金を払う必要が、無いから、懐具合も楽になると思い購入しましたが、等身大のラブドールは、初老の彼には、重すぎて扱いにくいから、買い取り業者に、引き取って貰い、小さなラブドールに買い替えて、一人暮らしの寂しい気持ちも、癒されて面倒なコミュニケーションの必要が、無く過ごしていける生活に満足しており、自分の気が向いた時に、何時でも文句も言わないで、相手をしてくれるラブドールが、自分にとって最高のパートナーだと思うようになった時に、ラブドールをたくさん持っている人の存在を知り、彼もラブドールをたくさん買い集めて日替わりでラブドールとセックスしたいと思い、リサイクル品のラブドールならば、安く買えるし、メンテナンスなどしっかりしていると思い20体以上のラブドールに囲まれた大家族の様な生活をしています。

この3人以外にも、ラブドールの所有者の知り合いは、居ますが、また次の機会に紹介します。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

シリコン素材を使ったラブドールのメリットとデメリット!

2024.07.24 ブログ
ラブドールが作られている素材として大きく分けて、シリコン製のラブドールと、TPE製のラブドールが、大半を占める感じになっ... 続きを読む

あなたにとって大切なラブドールの存在についてのお話!

2024.07.23 ブログ
ドールを所有して一番大変なのがその維持かと思います。 一人暮らしなら部屋に放置でも大丈夫ですが家族がいるとドールの存在が... 続きを読む

柔らかな感触と伸縮性が有るTPE製のラブドールのメリットや、デメリット!

2024.07.22 ブログ
最近のラブドールに主に使われている素材は、TPE素材とシリコン素材のものが、多数を占めているのが現状です。今回は、TPE... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ