ラブドールの寿命を伸ばすには | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

ラブドールの寿命を伸ばすには

ブログ

2022/08/08

あなたの大切なパートナーのラブドールの寿命年数を伸ばすには、どうすればいいか考えたことは、有りませんか?素材によって寿命年数は違うと言われています。TPE製ラブドールよりもシリコン製ラブドールの方が、経年劣化のそのペースは緩やかという話は、よく聞きますが、これは、シリコン製のラブドールは、耐久性が高く、また汚れに対しても耐性があるため、清掃・メンテナンスという面においては他の素材よりも優れている為に、万が一汚してしまった場合でも、簡単なお手入れで落とせる場合が、多いからだと思います。使用頻度によっても、寿命年数は変わってきます。ちょっとした事に注意すればラブドールの寿命を延ばす事が出来るのです。

保管方法
使用しない時のラブドールの保管場所は、大切です。雨や直射日光の当たらない風通しの良い場所で、湿気の少ない場所に、保管するようにして下さい。直射日光に、長く当てると、色褪せしてくる事が有ります。湿気の多い場所ですと、ラブドールに、カビが生える事有ります。熱のこもりやすい場所での保存は、避けるようにして下さい。ブリードしやすくなりますし、TPE製ラブドールだと熱に弱いので、型崩れの原因になります。ラブドールを保管する際には、柔らかい物の上に置いて寝かせるように心がけましょう。関節部分を真っ直ぐにした状態で、保管して下さい。関節部分を曲げた状態で長時間放置すると、肌が破けるなどの破損リスクが高まりますし、型崩れの原因になります。型崩れは、硬いものの上に寝かせた場合にもある特定の部分に重量の負荷が集中してかかって起きる事が有ります。フックを取り付けて、ハンガーラックに吊るすのも良いです。保管する時には、ヘッドは外す様にしましょう。シリコン製のヘッドに、TPE製のボディの場合は、必ず外してください。これは、シリコンを長時間TPEと触れさせておくと溶けてしまう性質を持っているからです。

メンテナンス
ラブドールは定期的に洗浄する事で、寿命年数を伸ばす事にもなります。素材の特性で、素材からオイルが染み出しが起きるブリードのべたつきや、ホコリなどの汚れを落とす為に、月に一度くらいのペースでいいので、お風呂に入れるといいです。体を洗う際には中性洗剤を使用します。この時すすぎが不十分だと、洗剤が残ってしまいます。するとそれで逆に劣化が進みやすくなります。湯洗いには時間をかけましょう。洗浄した後には、まずタオルなどでしっかり乾かせることです。水分が残っていると、関節部分などに使われている金属のさびが進んでしまうからです。早く乾かそうとして、ドライヤーを使いたいと思う人もいるかもしれません。しかしドライヤーを使ってしまうと、熱によって肌がダメージを受ける恐れがあるので使用しないように注意しましょう。乾燥したら、ベビーパウダーを肌に塗るとなおいいです。ベビーパウダーを塗ることで、さらさらした気持ちよい肌触りを維持できるからです。また先ほど紹介したブリードを防ぐという意味でも有効です。

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

悪質な詐欺サイトで別のラブドールが、送られてきた・・・

2023.02.05 ブログ
最近のラブドールは、素材や技術が進化しており本物の人間の様に見えるものが多く昔のダッチワイフとは、別物です。ダッチワイフ... 続きを読む
NO IMAGE

国産のシリコン製ラブドールと中国産のシリコン製ラブドールの良い点、改善点の比較

2023.02.04 ブログ
最近のラブドールには、主にTPE素材とシリコン素材が使われいます。その中でもシリコン製ラブドールが徐々に増えて来ている昨... 続きを読む

あなたの大切なラブドールが、タンスの肥やしになる前に!

2023.02.02 ブログ
ラブドールの写真集が、発売されるなど第三次ラブドールブームのさなかですが、皆様のラブドールは「タンスのこやし」になってい... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ