コロナとラブドールの海外NEWS | ラブドール高価買取レイシア
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs125769/raycia.jp/public_html/wp-content/themes/doll_theme/lib/json-ld.php on line 32
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

コロナとラブドールの海外NEWS

ブログ

2022/05/13

人がロボット犬やアザラシ型セラピーロボットのパロ(Paro)から癒しが得られるのなら、人形でもいいではないか? セックスに関するテクノロジー製品を持つことに関するスティグマは、他のテック製品よりもはるかに大きい。だが、他のアダルト商品と比べるとどうだろう? ラブドールを大人のおもちゃの一つとして捉えられるようになれば、今回の売り上げ増加を少し違った視点から見ることができるかもしれない。

大人のおもちゃメーカーのCMGレジャー(CMG Leisure)も、新型コロナウイルスのパンデミック中に売り上げが増加し、人員不足に陥った。同社のワンド型バイブレーターの価格は112ドル(約1万2000円)であるため、売り上げが増加したのは、他の楽しみが少ない今、高級製品を奮発して買っている人がいることによるものだろう。

実物大の全身ラブドールの価格は800ドル(約8万6000円)前後からで、高いものでは8000ドル(約86万円)もする。これまで多くの人は、ラブドールを試してみたいと思いつつ、その価格に躊躇していたかもしれない。隔離生活中は気分を高めるため、あるいは今なら頻繁に使えるという理由から太っ腹な気持ちになるのかもしれない。

あるいは、ただの純粋な好奇心によるものかもしれない。3月に売り上げ増加を報告した多くのアダルト商品販売業者は、その背景には「新しいものを試したい」願望があったとの見解を示した。スティーブンソンによると、セックス・ドール・ジーニーが受ける注文は、独身の男性や女性のみならず、一緒に隔離生活を送る中で新しいものを試したいカップルのものもあるという。

「この需要大幅増について面白いのは、注文者の層も変わっていること。これはラブドール業界にとって非常に良いことで、家の中での考え方が変化していることを示している」とスティーブンソン。「独身者が最後の手段としてラブドールを選ぶというこれまでのステレオタイプは完全に間違っている。今では、男性と女性の両方が寝室に人形を持ち込むことに乗り気となり、ラブドールの使用が主流化している」

これがラブドールブームにつながるかどうかは分からない。出会い系サイトのアダルト・フレンドファインダー(Adult FriendFinder)が会員を対象に行った最近のアンケート調査によると、パンデミック中にラブドールの購入を考える「可能性が高まった」と答えた回答者は12%だったが、「絶対に」購入すると答えた人はわずか5%だった。さらに、「自己隔離により、人から触れられることに代えられるものはないと改めて気づいた。ラブドールは絶対に買わない」という文に同意した人は62%だった。

デブリンは著書の最後で、ラブドールがメインストリームの人気を得ることは想像できないとし、「現在の非常にリアルで非常に性的なガイノイド(女性型ロボット)は小規模なニッチ市場となるという見解に傾いている」と結論した。

それでも、そのニッチ市場は今、盛況となっている。

ラブドールの買い替えの際は是非レイシアに!お持ちのDOLLを高価買取致します!!

 

※各メーカーのラブドールの高価買取、無料処分ならレイシアにおまかせください。豊富な買い取り実績であなたの大切なドールを秘密厳守で引き取ります。送料無料でダンボールも無料!!

激安中古ラブドールも販売中!

可愛い人形屋レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

ラブドールとダッチワイフどちらが好き?

2022.10.03 ブログ
最近では、空気で膨らますダッチワイフよりも、ラブドールの需要が、増えておりダッチワイフ時代から本物の人間の様なラブドール... 続きを読む

シリコン製のラブドールの代表的メーカー

2022.10.02 ブログ
ラブドールを素材で、選ぶ場合シリコン製のラブドールか、TPE製のラブドールのどちらかを選ぶ事が多いです。TPE製のラブド... 続きを読む

TPE製のラブドールの代表的メーカー

2022.10.01 ブログ
ラブドールを素材で、選ぶ場合シリコン製のラブドールか、TPE製のラブドールのどちらかを選ぶ事が多いです。TPE製のラブド... 続きを読む
     
電話問い合わせ
     
お問い合わせ
     
LINE問い合わせ
電話問い合わせ
     
お問い合わせ