TPE製ドールはシリコン製ドールを追撃できるのか | | ラブドール高価買取レイシア TPE製ドールはシリコン製ドールを追撃できるのか – ラブドール高価買取レイシア
ラブドール高価買取レイシア
買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

TPE製ドールはシリコン製ドールを追撃できるのか

ドール雑感

2019/12/31

急速にシリコン製ドールが市場を席巻する中、迎え撃つTPE製老舗ブランド各社の反撃がどこまで続くのか心配なところです・・・

中国製ドールといえばTPE素材!という状況がここ数年間が続いていましたが、今や人気は中国製シリコン製に・・・

これまでトータルバランスやヘッドの豊富さからWM dollが人気を集めていましたが、最近では中国シリコン勢の破格の安さの前に苦戦を強いられているのが現状です。

確かに、WM Dollをはじめとして、Dollhouse168やDoll foreverなど今でも絶大な人気のTPE製品ブランドはあるのですが、はたしてユーザーのニーズの変化に対応しきれるかが今後の販売数拡大(現状維持)の鍵となるのは間違いないでしょう。

国産シリコン製ドールの場合、胸は二重構造仕様に変わり、確かに柔らかくはなってきたものの、Doll foreverのふわふわ中空胸には完敗でした。

しかし、SanhuiDollや人造人の胸はシリコン製にもかかわらず、TPE製ドールに引けをとらない柔らかさです!

中国製シリコンドールは半年前だと人造人くらいしか市場に出回ってなく知名度不足もありドールユーザーも動向を見守っていたのですが、今や輸入代理店が精力的に品数を増やしてくれたおかげで、価格も手が出やすいモデルも多数販売されてきました。

TPE製ドールは今後、大幅に減少し、大半は中国製シリコン製品にとって変わられる運命かもしれません・・・

ラブドール市場は日本メーカーも含め、大きな転換期に差し掛かっています。

これからのトレンドに乗り遅れる前にお手持ちのTPEドールを高価買取にてお引取りさせていただきます。

買取・お問い合わせ
受付時間 9:00-20:00 24時間メール対応 お問い合せ

その他の記事

究極の選択I? 「桜」or「葵」ヘッド!

2020.08.06 ラブドール考察
  ラブドールを複数体お持ちの方ならご存じかと思われますが… よく見かけるヘッドがあります! それが!元々アル... 続きを読む

AXBDOLL CATDOLLの快進撃!

2020.08.06 ラブドール考察
続きを読む

コロナはいつまで続くのか・・・

2020.07.04 ドール雑感
  一時は平静を取り戻したかにみえた新型コロナウィルスですがまだまだ予断を許さない状況が続いております。 外出... 続きを読む